スポンサーリンク

MX-30の「非MAZDAプレート」と「黒×灰 ファブリックシート」の実車について(その2)

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

欧州では続々と実車が展示されているようです。
今回も「非MAZDAプレート」と「黒×灰 ファブリックシート」の実車が掲載されています。

前回:MX-30のベースグレードに設定されている「非MAZDAプレート」と「黒×灰 ファブリックシート」の実車について

前回、ポリメタルグレーメタリック(単色)のMX-30を確認することが出来ました。

今回は異なるボディカラーが登場しました。

情報元はInstagramです。
エストニアの「escapelivre」というアカウントが画像を公開しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🚗 Escape Livre(@escapelivremagazine)がシェアした投稿

今回は単色ホワイトボディーです。
こちらもDピラーには黒い樹脂?のようなプレートがはめ込まれています。隣に停車している「ジェットブラック」のも同様な装備となっているようで、サテンクロームのプレートがない分、真っ黒で統一されています。

さらに最後の写真では「黒×灰 ファブリックシート」となっており、こちらも白外装と相まってモノクロ感で統一されており、非常にお洒落だと思いました。

MX-30、ベースづれーどといえども侮れません。
これは日本で実車が登場するのが楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました