スポンサーリンク

MX-30のベースグレードに設定されている「非MAZDAプレート」と「黒×灰 ファブリックシート」の実車について

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

欧州で投入されるベースグレードに設定されている「非MAZDAプレート」と「黒×灰 ファブリックシート」なMX-30の実車画像が公開されています。

情報元はInstagramです。
スイスのマツダ・シトロエン車販売店さんが写真を公開しています。

まず1枚目が「非MAZDAプレート」です。
上位グレードや初回限定版に設定されているDピラーの「MAZDAプレート(サテンクロームメッキ)」が装備されておらず、黒色の樹脂?がはめ込まれています。

結果として、前回想像した感じのままでした。
MX-30の「非MAZDAプレート車」を想像する

これはこれで一体感がありますが、新世代フォントで「MAZDA」と書かれているのも非常にかっこいいので迷いどころです。

そして、6枚目の写真では内装が撮影されており、気になっていた「黒×灰 ファブリックシート」を確認することが出来ました。この内装、個人的にとっても好みです。真っ黒というわけではあく、灰色が良い感じに車内を明るくしてくれているので、とてもクールでお洒落ですよね。

これはベースグレードといっても、非常に妥協のないデザインと質感になっています。日本でも同様な設定があるのか気になるところですねぇ。

続きはこちら
MX-30の「非MAZDAプレート」と「黒×灰 ファブリックシート」の実車について(その2)

タイトルとURLをコピーしました