スポンサーリンク

【SEL200600G】超望遠レンズで「MAZDA RX-VISION モデルカー」を撮影してみる

マツダ関連

SONYの超望遠レンズ「SEL200600G」

今回は「MAZDA RX-VISION モデルカー」を撮影してみたいと思います。

前回:【SEL200600G】超望遠レンズを使いこなすために色々撮影してみる(京浜急行編)

前回、超望遠レンズで撮影する定番的なものを撮影してみました。長距離からの迫力ある高精細な写真が撮れることを学びました。

今回はあえて小さなものを撮影してみたいと思います。
超望遠レンズで小さなモデルカーを撮影したらどのような写真に仕上がるのかきになっていたんですよねぇ。

撮影に使用したのは「MAZDA RX-VISION モデルカー 1/43」です。

撮影条件などは特に拘りなく適当に。
部屋の端から撮影したんですけど、まるで近距離で撮影したかのような写真に仕上げることができました。これはなかなか面白いですねぇ。

これらの写真は切り抜きなどをしていません。けれど、このレンズは最大ズームにしても画質が非常に綺麗でここから切り抜きしたとしても問題のない画質というのが素晴らしいですよね。

一回り切り抜いた写真がこちら。

通常レンズとは違った迫力のある写真にできます。
肉眼で見るとシグネチャーウイングは非常に細いんですが、ちゃんと細かい部分も撮影できているのは本当に感激。

今までこういったレンズを使用したことがなかったので感動の連続です。11月からはこのレンズを使用して色々な挑戦をしてみたいと思います。

VISION COUPE編はこちら
超望遠レンズで「MAZDA VISION COUPE モデルカー」を撮影してみる【SEL200600G】

タイトルとURLをコピーしました