スポンサーリンク

マツダ初のPHVは2022年度以降に発売、ラージ群の中でも「より高級なモデル」

マツダ関連

マツダの電動化が進んでいます。

マツダ初となるプラグインハイブリッドが2022年度以降に発売されると報じられています。

情報元:マツダ、初のPHV 22年度以降に発売 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

情報元は「中國新聞デジタル」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 2022年度以降に「プラグインハイブリッド」を導入する
  • 同年度から展開する「ラージアーキテクチャ」に採用
  • ラージアーキテクチャのなかでも「より高級のモデル」という位置づけ
  • 直列4気筒エンジンとの組み合わせ
  • ラージアーキテクチャの中心は「マイルドハイブリッド」
  • ラージアーキテクチャの第1弾は「CX-5相当のSUV」

マツダのラージアーキテクチャについてが書かれており、その中でも「プラグインハイブリッド」について少し詳しい情報が掲載されていました。

なかでも興味深いのは「ラージ群の中でもより高級なモデル」という位置づけになるということです。基本的にはラージ群であっても「マイルドハイブリッド」が中心となるようですが、それらよりも高級な路線で「PHV」が採用されるということで、マツダが提唱する「価格レンジの拡大」というのは、このPHVが主なのかもしれませんねぇ。

ただ、投入時期については少し遅れてきているような感じがあります。
マツダ、ディーゼルHVとPHVを投入して2022年には欧州排ガス規制を達成する予定 & 国内では「MX-30(EV)を一般販売

以前には2022年には達成するとなっていましたが、今回では「2022年度以降」となっています。このニュアンスがどうなってくるのか気になります。

これはワクワクしてくる内容です。
まだまだ時間はありますが、これは楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました