スポンサーリンク

「CX-60」はMAZDA6の後継車種になる?

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代ラージ群SUV「CX-60」

オランダの販売店では、CX-60について色々と掲載していました。

情報元:Mazda CX-60 – Een nieuwe SUV – Info – Prijs – Afmetingen – 2022

情報元は「MACEDA」です。
オランダのマツダ車販売店なんですが、2022年に発売予定の「CX-60」紹介ページを早くも用意しており、その中には色々な情報や噂話などを掲載しています。

内容は以下の通り。

  • 2022年に「CX-60」と「CX-80」の2つの新型SUVを発売することになった
  • 「CX-60」は2シーターSUVで、CX-5よりも大きいサイズ
  • 始めは「プラグインハイブリッドモデル」を2022年に投入
  • PHV導入後に「6気筒ガソリンエンジン」と「6起用ディーゼルエンジン」を順次投入していく
  • 両エンジンは「48V M Hybrid」を搭載
  • 「CX-60」は「MAZDA6」の後継車になるのではないかという噂がある
  • 「CX-60」の価格は不明だが、CX-5よりも安くなることはない

主にマツダがグローバルに発表した内容となっています。
ただそれ以外の情報も混ざっており、プラグインハイブリッドモデルが先行して登場するなどは新鮮な情報ですねぇ。

また、面白いのは「CX-60はMAZDA6の後継車種」という話です。情報元では「噂話」としていますが、確かにそういう見方もあるなぁと思いました。同じ「6」を持つ車種ですし、頑なにメディアは2022年にMAZDA6が新世代へ移行するという話をしています。

実際、来年のMAZDA6はCX-3と同じような感じという話が濃厚のようですので、実際には「CX-60」がMAZDA6の代わりという説もあるのかもしれません。そういえばCX-60って”クロスオーバー”SUVでしたっけ?如何せん噂話なので話半分に聞いておくのが吉です。

以上です。
実際のところ、CX-60に関してはほとんど情報がありません。なので、今はまだこうした噂話で盛り上がるのが一興なのかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました