スポンサーリンク

2021年11月から新型車への「自動ブレーキ搭載」が義務化

自動車全般

日本でも安全対策が進んできています。
乗用車に対しても「自動ブレーキ搭載を義務化」が2021年11月から開始されるそうです。

情報元:新型車の自動ブレーキ、21年11月義務化 事故対策で  :日本経済新聞

情報元は、日本経済新聞です。
こちらに書かれている内容はざっと以下の通り。

  • 新型乗用車を対象に、2021年11月から自動ブレーキ搭載を義務化
  • 既存の車種やモデルには2025年12月以降
  • 輸入車に対しては2024年以降
  • 今回の対象は「普通自動車」「軽自動車」「3.5t以下の貨物車両」

既に大型車両に対しては、順次義務化が進んでいます。
なので、普通自動車や軽自動車が対象のようですねぇ。
さらに、「自動ブレーキ」の基準も掲載されています。

  1. 40km/hで走行中、前方の停止車両に衝突せず止まる
  2. 60km/hで走行中、前を20km/hで走る車にぶつからない
  3. 30km/hで走行中、5km/hで横断する歩行者にぶつからず停止する

などを満たさなければいけないようです。
2020年に国際基準が発効されるのを踏まえての今回だそうですが、欧州と比べると、まだまだ遅れをとっているような気がしないでもありません。
2022年、欧州での自動車に対する「先進運転支援システム」の義務付けについて

この「自動ブレーキ」自体が普及することはとてもいいことです。
少しでも事故が少なくなればいいですねぇ。
ただ、このシステムに過信してしまうのも怖いところ。
運転手自身が自覚と責任をもって安全運転を心がけることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました