スポンサーリンク

マツダの「BT-50」がライオンを救う活動に貢献

マツダ関連

マツダのピックアップトラック「BT-50」

南アフリカで、ライオンを救済する活動に貢献しているそうです。

情報元:Mazda South Africa assists airlift of rescued lions to sanctuary in Africa | Inside Mazda

情報元は、マツダUKの「Mazda Insider」です。
こちらには、南アフリカのマツダ財団の活動についてが掲載されています。

マツダ財団は、個人の動物園やペットとして連れてこられたライオン達を、アフリカでの自由な生活をさせてあげるために活動している団体の支援をしているそうです。
そんな動物たちの輸送にマツダのピックアップトラック「BT-50」が使用されています。

画像引用元:Mazda South Africa assists airlift of rescued lions to sanctuary in Africa | Inside Mazda

日本ではなかなか見る機会のないモデルですね。
このBT-50にライオン達が乗って、アフリカの地へ返されます。

いつも「ビーティーゴジュウ」と読んでいるので、「ビーティフィフティ」と発音しているのを聞くと少し新鮮な気持ちになります。
どうでもいいですね。

動画では、BT-50で輸送されたライオンがアフリカの地を踏みしめている場面を見ることが出来ます。これから、この雄大な自然の台地で穏やかに暮らせていけると良いですねぇ。
ネコ科動物は可愛い、最高。

マツダ財団の活動内容を知ることが出来ました。
学術的支援の他にも様々な活動を行っているんですねぇ。
素晴らしい。

タイトルとURLをコピーしました