スポンサーリンク

レンズ「SONY SEL1670Z」で試し撮りをしてみる【憧れのZEISS】

日常

ZEISSのレンズを購入しました。

少し試し撮りをしてみたいと思います。

前回:デジタル一眼カメラα用レンズ「SONY SEL1670Z」を購入しました【憧れのZEISS】

前回、憧れのツァイスのレンズ手に入れることに成功。
なかなか試し撮りする機会がありませんでしたが、少しだけ写真撮影できる機会があったので前回同様、色々と試してみたいと思います。

まずは「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」です。

幸浦のアウトレットがリニューアルオープンしたそうなので、ちょっと覗いてきました。全てが新しくなっており、以前の面影はほとんどありません。今までは室外を散策する形でしたが、リニューアルされてから廊下なども室内になったんですねぇ。
驚き。

さて、本題の写真です。
このレンズ、とても広角で撮りやすい。
こういった広い建物などの全景を撮影したい時にはとても重宝します。特に設定なども考えずに撮影しても、個人的に満足できる写真を撮れるのが嬉しいところです。

中庭も撮影してみました。
木々の細かい部分もしっかりと表現されており、以前はあったパープルフレンジなども発生していないですねぇ。

次にズーム機能です。
まずは等倍で撮影した風景がこちら。

とても広角な写真を撮ることができました。
ここでめいっぱいズームしてみると………

ここまで寄ることが出来ます。
広角からズームまでそつなくこなすことが可能ですね。
これは便利。
こうしてみると、iPhoneのカメラと似ているような気がしますね。なので、とりあえずこういった写真が撮りたいという方には不要なのかもしれません。

ちなみにズーム機能で他のものも撮影してみました。
場所は変わって、野島の展望台です。

最大ズームでの「紫陽花」です。
これでも高コントラストと周囲のボケが表現されており、個人的には満足できる写真となっています。このくらいなら本当にこのレンズ1本で大体ことが出来てしまいますねぇ。

せっかくなので、もう一枚「パープルフレンジチャレンジ」をしてみたいと思います。

いままでならば絶対発生していたと思うんですが。今回もパッと見た感じ発生していないように思えます。さすが「ZEISS」さん。

以上です。
これは確かに便利なレンズです。
ズームから広角までのあらゆる場面で使用することが出来るので、シャッターチャンスを逃すことは少なくなりそうな気がしますねぇ。購入したよかったです。

まだまだ旅することが出来そうにないので本領発揮する機会は少ないですが、これでもっと幅広い写真撮影を行っていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました