スポンサーリンク

ドイツで2020年モデルの「CX-5」が正式発表、オフロードトラクションアシストなどを搭載

マツダ関連

マツダの主力SUV「CX-5」

ドイツで2020年モデルが登場しました。

情報元:Der Mazda CX-5 2020 – Pressemappe

情報元は、マツダドイツのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • Skyactiv-Gに「気筒休止システム」を採用、Euro 6d排出基準を満たした
  • i-Activ AWDの全輪駆動にオフロードトラクションアシストを搭載
  • 車内の騒音を改善
  • 新外板色「ポリメタルグレーメタリック」を追加
  • センターディスプレイが「8インチ」に拡大
  • SBSに夜間歩行者検知機能を追加

ドイツでも2020年モデルが登場しました。
内容自体は、日本で行われた2019年に発表された「2020年商品改良」の内容とほぼ同じで、8インチセンターディスプレイやオフロードトラクションアシスト、ポリメタルグレーなどとなっています。

最近では北米で2021年モデルについてが騒がれているので新鮮味はありませんが、欧州で着々と年次改良モデルが投入されているようですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました