スポンサーリンク

飛行機を求めて、東京島巡り(京浜島・城南島編)

旅行

飛行機の写真を撮りたい

そんな衝動に駆られたので、色々と撮影スポットを探しに行きました。

最近、旅に出る機会がグッと下がりました。
今でも行こうと思っても、行きたい場所が予約制だったり、状況が悪化したりと色々な条件が重なってしまい、なかなか行くことが出来ません。

そこで、今回は日帰り企画を実施してみたいと思います。

せっかく超望遠レンズ「SEL200600G」も購入したことですし、超望遠レンズを所有したからには一度はやってみたい「飛行機撮影」をしたいと思います。

飛行機を撮影するのなら空港へ行けばいいと思いましたが、それでは面白くありません。なので、空港周辺で撮影できるスポットを探してみることにしました。昔、仕事で東京をぐるぐるとまわっていたことがあり、その時から気になっていた場所が数か所あったので、これを機に行ってみることにしましょう。

移動手段はレンタカーです。
今回はトヨタレンタカーさんで「カローラ セダン」をお借りました。
「TOYOTA カローラ(セダン)」に乗ってみての感想

さて、本題の飛行機撮影スポットです。
私が気になっていたのは「京浜島」と「城南島」、そして「東京ゲートブリッジ」です。これらは全て羽田空港近辺に位置している場所で、よく頭上に飛行機が飛んでいる光景をよく見るんですよね。早速行ってみました。

まずは「京浜島」です。
こちらには「つばさ公園」という場所があり、海の向こうに羽田空港を眺める最高のロケーションとなっていました。

工業地帯のど真ん中にこんな素敵な公園があったんですねぇ。
丁度ANAの駐機場のようで飛行機が見放題となっており、さっそく超望遠レンズで撮影してみることに。

たまりません。
こんなドアップで飛行機を撮影したことなんてないので、撮影中は驚きの連続でした。飛行機ってこんなにかっこいいんですねぇ。ただ、時間帯的にちょうど離着陸があまりなかったからなのか、動いている飛行機を見かけることはありませんでしたので、移動することに。

続いて「城南島」へ向かいました。
こちらも工業地帯の中に「城南島海浜公園」というキャンプ場が併設された施設があります。

駐車場は有料ですが、とても広々として景色も最高。
こんな場所があったなんて知りませんでした。

この公園からは都心部を眺めることが出来ます。

「レインボーブリッジ」や「東京スカイツリー」、「東京タワー」などなど、東京名所をあますことなく堪能することが出来ますねぇ。今回は一応気温が低い日を狙って行ったんですが、なぜか快晴で気温が上昇、そのせいか遠くの景色が歪んでしまっています。これを改善していくには本当に運任せなのかもしれません。

公園内を歩いていると、突如轟音とともに飛行機が頭上に姿を現しました。シャッターチャンスとばかりにカメラを上にして撮影してみました。

飛行中の飛行機がこんな近くに。
肉眼でも近いと感じる距離ですが、超望遠レンズで撮影すると本当に近距離で撮影したかのような迫力のある写真が撮れますねぇ。すごい。

そしてさらに凄いのが、飛行機がバンバンくることです。

慌てて撮影していました。
ただ、思いの外、動いているものを超望遠レンズで撮影するのは難しい。今回は手持ちで撮影したんですが、まずファインダー内に飛行機を収めることが難しく、見つけたとしても非常に動きが早い&レンズが重いので、それを追いつつピントを合わせて撮影というのはなかなかキツイ。

これは慣れが必要ですねぇ。

飛行機待ちの間、公園内にいた野生動物たちを撮影して練習することにしました。

名前がわからない鳥です。
かなり離れた場所にいたので、結構大きそうですねぇ。

野良猫もいました。

猫、いいですね。
本当に癒されます。

そして、このレンズの実力が凄いです。
毛並みが本当に細かく表現されており、まるで宣材写真かのような美しさ。いいレンズは本当に違いますねぇ。

そして、今回の一番お気に入り写真です。

そっちにピントが合うんかいという写真です。
ただ、それでも猫の表情と相まってとても哀愁漂う写真に仕上がりました。これをPCの壁紙にしようかと思っています。

今回は以上です。
京浜島と城南島は、飛行機を撮影するのに非常に良いロケーションだと思います。特に城南島では離着陸直後の飛行機なども見ることが出来るので、お手軽に飛行機の写真を撮りたいという方にはお勧めできると思います。

次回は「東京ゲートブリッジ」&「羽田空港」編です。
飛行機を求めて、東京島巡り(東京ゲートブリッジ・羽田空港編)

タイトルとURLをコピーしました