スポンサーリンク

飛行機を求めて、東京島巡り(東京ゲートブリッジ・羽田空港編)

旅行

飛行機の写真を撮りたい

そこで、色々と撮影スポットを探しに行きました。
今回は「東京ゲートブリッジ・羽田空港編」です。

前回:飛行機を求めて、東京島巡り(京浜島・城南島編)

前回は「城南島」&「京浜島」に行きました。
天気が良かったこともあり、非常に素晴らしいロケーションでした。

今回はさらなる撮影場所を求めてみたいと思います。

まずは「東京ゲートブリッジ」です。
東京湾中央防波堤と若洲・新木場を結ぶ橋ですね。
実は城南島から直通で行けるので、地味に便利なんです。

橋下には「若洲海浜公園」があり、駐車場やキャンプ場などがあるので、結構人気のスポットだったりします。


この橋の上は歩くこともできるんですが、今まで行った事はありませんでした。せっかくなので、上まで登ってみたい思います。

とても高い。
そして、クルマが通るたびに物凄く揺れます。
高所恐怖症の方にはあまりお勧めできないかもしれません。

その代わり景色は絶景。
舞浜の東京ディズニーシーも眺めることが出来ました。

外から見る「ディズニーシー」は新鮮。
中からはほとんど外の世界が見えないので、本当に工夫してつくられているんですねぇ。

さて、肝心の「飛行機」です。
羽田空港を離陸して間もない機体を眺めることが出来るんですが、いかんせんこの橋は「揺れる」んです。手持ちの超望遠では揺れは厳禁なので、撮影どころではありません。結構良い感じの写真は撮れそうなんですが、飛行機をファインダー内に収めるのは至難の業でした。

仕方ないので、諦めることに。
前回でそこそこ良い写真が撮れたんですけど、何かまだ物足りなさを感じたので、ここまで来たら「羽田空港」へ行ってみようと思い立ち移動を開始。

クルマで羽田空港は初めて来ました。
駐車場はべらぼうに高額なのかとヒヤヒヤしていましたが、意外にも良心的な価格で少し驚きました。

さて、今回は「第2ターミナル」にやってきました。

コロナ禍で空港はどうなっているのかと心配。
国際線エリアは閑散としていましたが、国内線エリアに関しては意外と賑わっていました。それとお食事処は結構混雑しており、展望デッキに関しては親子連れでにぎわっているのが印象的でした。

意外とみなさん、空港に出かけているんですねぇ。

さて、撮影していきます。
流石空港というだけに、とてもいいアングルで撮影できました。

この展望デッキでは離着陸の瞬間を撮影できました。
ANA機は離陸、JAL機は着陸の瞬間です。

どちらも一瞬の出来事なので、手持ちで倍率を合わせながらの撮影には四苦八苦しましたが、だんだん慣れてくることができました。

渾身の一枚がこちら。

離陸直後のANA機と東京スカイツリーの2ショット。
正直、撮れたことが奇跡です。
こういった写真は三脚などで固定しておけばもう少し楽に撮影できそうなので、今度は三脚を持っていこうと思います。

以上です。
初めての本格的な飛行機撮影でした。
今まで動いているものを撮影する機会がなかったので、本当にいい経験になりました。だいぶ「SEL200600G」の距離感もわかってきましたし、撮影のコツを掴んできたいと思います。以前から腕立て伏せをして鍛えてきたおかげもあり、持ち運びや撮影時の支えも大分安定してきました。今後ももっと色々と試していきたいですねぇ。

また、東京はまだまだ面白そうな場所がありそうです。
意外な所に意外なものがあって楽しいですし、なにより気軽に出かけることが出来るのがとてもいいですよね。また近いうちに東京の穴場スポットを探していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました