スポンサーリンク

マツダの役員車にも使用されている「ミドリムシでつくるバイオ燃料」

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダが参画する「ひろしま “Your Green Fuel” プロジェクト」

ミドリムシでつくるバイオ燃料で走る車両はマツダの役員車としても使用されているようです。

情報元:ミドリムシ燃料、量産の準備着々 早期実現目指すユーグレナ・出雲社長 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

情報元は「中國新聞デジタル」です。
こちらにはユーグレナがいすゞ自動車と共同開発した新しいバイオ燃料についてが書かれています。社長自身、広島県呉氏出身の方だそうで、広島に対して思い入れも強いみたいですね。

そして記事には「マツダの役員車にも使用されている」と書かれていました。

以前、マツダがニュースリリースで発表した車両は「CX-5」でした。
マツダ、 次世代バイオディーゼル燃料のバリューチェーンを構築

ただ、公道走行したテストでは「CX-8」でした。
『バイオディーゼル』について。CX-8で公道初走行も : K-BLOG

役員車で使用されているのはどちらでしょうねぇ。
以前、どこかで「CX-8」が役員車として使用されているという話を聞いたことがあるので、個人的な予想としては「CX-8」だと思っています。こういったのは、マツダオープンデーで確認できたりするんですが、2020年は中止、2021年は開催されるのどうかすらわからない状況になっています。今年こそはマツダの100周年を盛大に祝いたいですねぇ。

マツダとしても個性として「ディーゼルエンジン」を手放すことはしたくないようですし、こミドリムシを使用した燃料が普及すれば、マツダの「ディーゼルエンジン」も間違いなく評価がうなぎ登りになると思われますので、これらが成功することを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました