スポンサーリンク

2021年商品改良 MAZDA2の「Apple CarPlay(ワイヤレス)」を試す

マツダ全般
スポンサーリンク

ついに国内でも登場した「Apple CarPlay(ワイヤレス)」

2021年商品改良MAZDA2で試してみました。

前回:「2021年商品改良 MAZDA2 Sunlit Citrus」を見学してきました

前回、マツダブランドスペース大阪にて2021年商品改良MAZDA2をじっくりと見学してきました。そこで最も気になっていた「マツダコネクト」の機能についても調べてみました。

まずは「バージョン」です。

「74.00.200 JP M」でした。
海外のApple CarPlay(ワイヤレス)対応バージョンとなっているのが特徴的ですねぇ。ただ、既に「74.00.230」が登場しているので、このバージョンは少し古くなっています。
【マツダコネクト】バージョン一覧表に「v74.00.230 JP」を追加

さて、さっそく「Apple CarPlay(ワイヤレス)」を試してみましょう。

マツダコネクトの「設定」内にある「通信」に「Wi-Fi」が追加されています。

今までの国内仕様初代マツダコネクトでは「Wi-Fi」が封印されていましたが、Apple CarPlay(ワイヤレス)が追加されて遂に解禁されました。

「Wi-Fi」をクリックすると以下の画面が表示されます。

海外仕様の「Wi-Fi」ではSSIDなどを入力する欄が存在するんですが、国内仕様は「Apple CarPlay(ワイヤレス)」のみしか選択肢が表示されませんでした。

こちらをクリックすると以下の画面が出てきます。

ここで「Apple CarPlay」を選択するとワイヤレスでスマートフォンに接続することが可能となっています。

実際の接続方法は、事前にマツダコネクトとスマートフォンをBluetoothでペアリングしておきます。接続完了した状態で上記の「Wi-Fi」でApple CarPlayをONにしておけば、あとはApple CarPlayを起動するだけでOKです。

これは中々に便利ですねぇ。
ワイヤレス充電と組み合わせれば、完全ワイヤレス化を実現できるのでこれはとても素晴らしい機能追加だと思います。ただ、注意が必要で「Apple CarPlay(ワイヤレス)」と「ワイヤレス充電」を両方装備することは不可能だそうです。今回は開発試験車なので両方装備されていますが、実際にはどちらしか選択できません。これは少し残念ですねぇ。

どちらをとるか。
Apple CarPlayを使用しなければ「ワイヤレス充電」が一択ですねぇ。

それにしても、このApple CarPlay(ワイヤレス)が既存車に対してレトロフィットできるのかが気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました