スポンサーリンク

【SEL200600G】野鳥撮影リベンジに長浜公園へ

日常
スポンサーリンク

超望遠レンズ「SEL200600G」

前回は全然うまく撮影できなかったので、リベンジに行ってみました。

前回:【SEL200600G】野鳥を撮影してみたくなったので長浜公園へ

前回は長浜公園へ野鳥撮影に行きました。
なんとなく撮影してみましたが、どうもうまくいきませんでした。色々と反省しつつ、インターネットなどで情報を集めて、今後の対策を練っていました。

色々と考えた結果、今まで横着して「P(プログラムオート)」で撮影していたんですが、どうやらシャッタースピードがあっていないらしく、ブレの原因のひとつとなっているようでした。なので、今回は真面目に「M(マニュアル)」で操作することにします。

色々と分かってきたので、リベンジです。
さっそく長浜公園へ行ってきました。

なんとなくいい感じに撮影できました。
前回と違って被写体である野鳥達がたくさんいたので助かりました。

ズームレンズでピント調整にには「ピント拡大」と「ピーキング設定」が必須だと痛感しました。ちょっとのズレで野鳥ではなく、水面などの他のものにピントが行ってしまうんですねぇ。

水浴びをしている鴨?です。
よく見ると水しぶきなどもしっかりと取れているんですねぇ(掲載画像はJPG変換時に劣化しているので表現できていませんが)

Mモードでしっかりと調整し、ピント拡大で確実にピントを合わせて撮影すればけっこうおもしろい写真が撮れることがわかりました。勉強になります。ただ、これは「あまり動いていない被写体」のみに有効であり、飛行中の野鳥などでは「AFーC」などに変更しないとダメそう。そもそも、自分自身が鳥の速さについていけませんでしたけど……。

今回は池以外にも、木の枝にとまっている野鳥も撮影できました。

鳥は素早い。
思った以上に撮影するのって難しいんですねぇ。ただ、撮影できた時はとても嬉しいですので、撮影していて非常に楽しい。

今回は満足いく結果となりました。
次は「飛行中の鳥」ですねぇ。

最近、写真撮影がとても楽しくなってきました。

タイトルとURLをコピーしました