スポンサーリンク

マツダの2022年新型モデル投入時期をまとめてみる(2022年1月8日現在)

マツダ全般
スポンサーリンク

2022年はマツダにとって勝負の年になります。

今年投入される予定のモデルにおけるスケジュールをまとめてみます。

前回:CX-60は春までに欧州で販売予定、CX-90は年内に量産予定

前回、中国新聞デジタルがマツダのラージ商品群「CX-60」と「CX-90」の生産開始時期についてを報道しました。ついに来たという感じですねぇ。

そこで、改めて「2022年の新型モデル投入時期」を図にしてみました。

2022年だけで4モデルが登場予定です。
MX-30は正確には「新技術」となりますが、ここでは新型モデルとして考えることにしました。

まずは2022年春頃。
欧州でCX-60が発売されます。
「CX-60」は2022年初めから注文受付を開始されるそうです

欧州マツダ初となる「PHEV」技術が投入され、さらに後々に「SKYACTIV-X 6気筒」や「次世代SKYACTIV-D」を投入する予定となっています。
MAZDA CX-60は「CX-5よりも大きい」&「最初はPHEVで将来的に直6」

CX-50もトヨタのハイブリッドシステムを搭載するという話でしたが、実際にはまず初めに「SKYACTIV-G」が搭載されました。THS搭載モデルは今後数年間で登場予定となっています。
CX-50は「SKYACTIV-G 2.5」と「SKYACTIV-G 2.5T」で利用可能、ハイブリッドモデルは今後数年間で

そして「CX-90」も年内に登場予定。
CX-90は「CX-9よりも大きく背が高く、来年10月に発表される」?

上記の噂が本当ならば、既に量産へ向けての動きが出ているのも納得です。10月に発表されれば年内に量産開始も現実味を帯びてきましたねぇ。実際のモデルは「2023~2024年モデル」となりそうな気はします。こちらは「CX-9」の後継車種ということで、CX-9は今年で終わってしまうのは少し寂しいですねぇ。

2023年には「CX-70」と「CX-80」が登場します。
この両モデルに関してはまったく情報がないので何もわかりません。ただ、CX-80に関しては「CX-8の後継モデル」という噂がありますので、今後の展開に期待です。今年中に「CX-8」に対しての最後の商品改良が行われるのか楽しいですねぇ。

おまけで「MAZDA6」です。
こちらに関しては唯一ある情報がこちら。
→ MAZDA6の商品改良は来年以降?

実際どうなるのか、2022年に動きがあると良いですねぇ。

以上です。
2022年はとてもいろいろなことがありそうです。
今年こそはマツダOPEN DAYが開催されて、その場で新世代ラージ商品群の実車をみれると良いなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました