スポンサーリンク

「CX-3」1.5Lガソリンエンジン搭載モデルをお見積もりしてみる。

マツダ関連

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

今回は、1.5Lガソリンエンジン搭載モデルを欲望の赴くままにお見積もりしてみたいと思います。

前回:マツダ、「CX-3」に1.5L ガソリンエンジン搭載モデルと外装色「ポリメタルグレー」を正式に掲載されました。

前回、CX-3に「SKYACTIV-G 1.5」が搭載されたことを知りました。

マツダ公式のお見積もりページにも追加されたので、毎度おなじみの個人的なお見積もりをしてみたいと思います。

選択したグレードは「15S Touring」です。
結果はこちら。

画像引用元:マツダ|カンタン見積り|ご購入サポート

今回は、なんだかんだで現実的な装備構成で「約234万円」となりました。
コンパクトSUVでこのお値段なら、なかなか良いですねぇ。

ただ、この「15S」シリーズで気になったことがあります。
それはメーカーオプションです。

画像引用元:MAZDA CX-3|グレード・価格 – ディーゼル/ガソリンラインナップ|マツダ

「15S」シリーズでは従来のアナログ型メーターで、快適装備に「ADD(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ)」が装備されていません。メーカーオプション等で追加装備できるのかと思っていましたが、そのようなオプションは存在しませんでした。

選べるのは、CD/DVD+TVと360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー、ボーズサウンドスピーカーのみとなっています。

なので、15SではADDを装備することは不可能なようなんですねぇ。

マツダのドライビングポジションなどのコダワリをよく知っているだけに、このパッケージングは少し悲しいです。ただ、それ以外のA-SCBSやBSM、LEDヘッドライトなどが標準装備されていることやお手頃価格という点を考えると、それが唯一コスト的に排除できる装備だったのかもしれません。

そのおかげで、他社のコンパクトSUVと競争できる価格帯にあります。

CX-3登場から、頑なに出さなかった1.5Lガソリンモデル。
なんとなくですが、マツダとしてはあまり乗り気ではないような気がするのは気のせいなのかもしれません。マツダとしては正しいと思ってもその通りに行かないのが現実なので、こうしてすこしづつ柔軟に対応していきたいところです。
こうした素早い展開ができるのも一括企画のおかげですし。

CX-3の新世代が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました