スポンサーリンク

2020年上半期を振り返る(マツダ編)

マツダ関連

毎年恒例の1年を振り返るシリーズです。
今回は、「マツダ」について2020年上半期を振り返ってみたいと思います。

他の2020年振り返るシリーズ
2020年上半期を振り返る(旅行編)
2020年上半期を振り返る(購入編)
2020年上半期を振り返る(統括編)

今年は、マツダの創立100周年です。
それ故にたくさんの出来事がありました。

1月

2020年1月 | K-BLOG NEXT

1月にはマツダの創立100周年を迎えました。
専用ページが登場したり、マツダミュージアムが改良工事が行われたりとお祝いムード一色だったのを思い出しています。この頃は希望に溢れていましたねぇ。

個人的には「オートサロン 2020」に行きました。
東京オートサロン2020に行ってきました【CX-30「SIGNATURE STYLE」編】

モデルカー「RX-VISION」などが販売されていたのが衝撃的でした。そこでお話したマツダの方がとても優しかったのが印象的です。

また、東京にある広島県アンテナショップ「TAU」にも行きました。
「マツダ100周年記念パネル展 in TAU」に行ってきました。

2月

2020年2月 | K-BLOG NEXT

2月には例のウイルスの影響が少しずつ忍び寄ってきました。ジュネーブモーターショーが中止になったりと、マツダの100周年お祝いムードはガラッと変わってきたのを思い出します。

3月

2020年3月 | K-BLOG NEXT

この頃からマツダ初の量産EV「MX-30」の詳細情報が海外で登場し始めました。

それと「Mazda Intelligent Drive Select」や「URBAN DRESSER」などの商標登録が登場したり、フランスでは「MX-5 EUNOS EDITION」が登場しました。それと海外のMAZDA3/CX-30では「SKYACTIV-G 150PS」というモデルも登場しましたねぇ。

4月

2020年4月 | K-BLOG NEXT

本格的に例のウイルスの影響が出ており、非常に私もマツダも苦しい状況が続きました。けれども、マツダは当初の予定を可能な限り実行しようとしていたのが印象的でした。中国でCX-30を投入したり、CX-3のSKYACTIV-G 1.5搭載モデルを国内投入したりと、マツダの話題は尽きることはありませんでした。

5月

2020年5月 | K-BLOG NEXT

緊急事態宣言が解除されたりと世間的にも少しづつ動き始めていましたが、それでも自動車産業は苦境に立たされていました。

しかし、マツダは海外で「MX-30」の投入へ向けて色々とイベントを開催したり、国内では特別仕様車「SMART EDITION」、MAZDA3セダンモデルにSKYACTIV-G 1.5を投入したりとこれまた様々な動きがありました。

6月

2020年6月 | K-BLOG NEXT

欧州でCX-3のガソリンエンジン搭載モデルに「気筒休止システム」が採用されました。他にも100周年特別記念車などが国内では発売開始されたり、マツダグッズオンラインショップが開設したりと楽しいことがありました。

マツダがオフィシャルグッズのオンラインショップを開設したので、色々と購入させて頂きました。

マツダ創立100周年写真集「MAZDA ONE HUNDRED」が届きました。

マツダ100周年グッズ「VISION COUPE モデルカー」と「マグカップ」を購入しました。

予算の都合上、上記のもののみ購入しましたが、今後は折を見てちょくちょくと買い増し抵抗と思っています。

まとめ

非常にざっくりと振り返ってみました。
色々ありましたが、マツダは非常に奮闘した2020年上半期だと感じました。100周年特別記念車や特別記念車、特定モデルのエンジンラインナップの拡充などなど、話題に事欠かない日々が続きましたねぇ。

また、本来であれば「MAZDA OPEN DAY 2020」が開催され、盛大にマツダ創立100周年をお祝いすることが出来たはずなんですが、それは叶わずでした。しかし、まだこれからチャンスはあると思います。

マツダ自身も諦めてはいないと思っていますので、その時を待ちたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました