スポンサーリンク

2回目の東京モーターショー2019に行ってきました。【総合編】

マツダイベント

東京モーターショー2019が今年も開催されています。
今回は、マツダ以外のモーターショー見学の様子を書き記します。

マツダ関連はこちら
2回目の東京モーターショー2019に行ってきました。【マツダブース編】

今年は2回も行ってしまいました。
会場も大規模なので、1日では回り切れないので丁度良いですね。
2回目となる今回は、1日目に行けなかった「青海会場」を中心に回っていこうと思います。

当日。
本日も雨模様。
最近、出かける度に雨が降っているような気がします。
それでも東京モーターショーへ行きましょう。
今回は青海会場へ行くので、りんかい線「東京テレポート駅」で下車しました。
発車音がドラマ「踊る大捜査線」のテーマソングなんですね。
あのドラマ、大好きでした。
さて、会場前に到着です。
青海にこんな展示場が出来ていたのは知りませんでした。

いつのまに…。
数年間行かないだけでも常に変化していますねぇ。

さて、2回目という事もあって、まったりと来たので意外とスイスイと中に入れました。
こちらの会場ではトヨタ関連が多いですねぇ。
色々と見ていきましょう。

HINO

まず最初に訪れたブースは、トラックでお馴染み「HINO」です。
ヒノノニトンですね。
トラックの運転席に座れるという事で体験してみました。

大型トラックは本当に高い…!
普通自動車とは別世界の光景が広がっています。
これは確かに、真下はみえません。
トラックの運転はかなり難しそうですねぇ。

SUBARU

続いては「スバル」を観に行きましょう。
こちらの展示会場では一番の人気で、人が沢山いました。
そして、ブース手前にはSUVのコンセプトモデルが展示されていました。

コンセプトらしさがあるデザインでカッコいいですね。
このまま発売されたら、かなり人気が出そうです。
それと、スバルブースの目玉新型「レヴォーグ」には人が沢山集まっています。

すごいのがレヴォーグが展示されているステージです。
なんと、ステージ全体が傾くんです。
車両も一緒に傾くので写真が撮りやすい。
スバルは凄いことをしますねぇ。
それにしてもこの「LEVORG PROTOTYPE」は、シャープなデザインでカッコいい。
スバルらしいフロントデザインながらもゴチャゴチャしていないのが良いですねぇ。
レヴォーグは一度長距離ドライブしたことがあります。
走りも楽しい良いクルマでした。
それにアイサイトも大変便利でした。
この新型には新型アイサイトも搭載されるらしいので、どんなものか楽しみです。
他にもXVやインプレッサなどが展示されていました。

「SUBARU XV」、結構好きです。
SUVならこれが欲しいなぁと思っていた時期がありました。

ダイハツ

続いては、ダイハツです。

コンパクトSUVのコンセプトモデル?が展示されていました。
正直、ダイハツはあまり接点がなかったので知識が殆どありません。
けれど、このコンパクトSUV、かなり良さそうです。
デザインはトヨタ感があり、サイズ感はナイスコンパクト。
カラーもオレンジとブラックの2トーンと言うのがまたまた良いセンスです。
ダイハツと言えば、軽自動車と思っていましたが、それだけではないようですねぇ。
あと、近未来的なコンセプトモデルも展示されていました。

Waku Wakuというそうです。
こういった箱型のデザインも可愛くて良いですよねぇ。
このままのデザインで軽自動車として発売したら人気が出そう。

TOYOTA

次は「トヨタ」です。
新型ヤリスなどを期待していましたが、意外な展開に。
全くと言っていいほど、車両展示がありませんでした。
展示されているのは、近未来的なロボットやら何やらばかり。

豊田社長が仰っていたモビリティ社会うんぬんことはこういうことだったんですね…。
展示自体は面白いものばかりでしたが、思っていたのと違うので退散。

トミカ

気を取り直して「トミカ」ブースへ。
こちらも大人気です。
特にお子さんたちが目を輝かせて見ていました。
これだけのトミカが並ぶのは圧巻ですねぇ。
モーターショー特別仕様のトミカも販売されており、ジムニーのトミカもありました。

欲しいなぁと思って購入しようと思いましたが、レジが長蛇の列で断念。
あれだけ並ばれてしまうと他が見れなくなりそうなので。
トミカって本当に人気がありますねぇ。

MEGA WEB(TOYOTA)

トヨタ車が見れなかったのが残念だったので、メガウェブへ行ってみました。
もしかしたら、そちらに展示されているかもしれませんね。
行ってみると、さっそく新型「MIRAI」のコンセプトモデルが展示されていました。

随分とあっさりと展示されていたのには驚き。
大々的な展示をしないんですねぇ。
それにしても、MIRAIが随分と先進的なデザインになりました。
トヨタらしさとレクサスのデザイン性が合体したような感じですかね。
なかなかカッコいい。
ただ、サイドミラーはカメラではないんですね。

内装も非常に先進的で驚き。

メーター類は液晶が当たり前の時代になってきましたねぇ。
目まぐるしく変わっていきます。
MIRAIの内装で気になったのが、ドアの照明です。
青い線が照明になっているんですよね。
これがボディカラーが変わると、この照明も色が変わったら面白いですね。

メガウェブにおける他の展示は、違うイベントを開催しているため、ありませんでした。
代わりにラグビーワールドカップの展示がありました。


これも完全に予想外です。
トヨタさん、殆ど展示していないんですね…。
ちょっとショックでした。
また今度、通常営業時のメガウェブに行った際にヤリスを見たいと思います。

これで大体青海エリアを見終えたので、OPEN ROADを通って有明エリアに移動です。
OPEN ROADでの出来事はこちら。
マツダ、2020年初頭にCX-5向け「純正トレーラーヒッチ」を国内導入予定

他にはスーパーカブが展示されており、テンションがあがったり。

有明展示場に行ってからは、マツダブースに入り浸っていました。
最高に楽しいひと時でした。
それと、ホンダブースで「HONDA-e」や「新型フィット」を見たり。

この2車種はホンダの本気を伺えます。
近くにいた説明員の方と色々と話しましたが、ホンダもかなり力を入れているようですね。
特にフィットはコンパクトカーでも人気を集めているので、新型になってもトップを目指したいようです。
個人的にもフィットの実用性は非常に高く、よくお世話になります。
これにデザイン性と先進性が加われば、非常に素晴らしいクルマになりそうです。
マツダのMAZDA2も負けられませんね。

以上です。
2日とも雨の中でしたが、非常に充実していました。
こちらには載せていない試乗やらなんやらもありますが、写真等がないので割愛します。
まだまだ開催中なので、一度行った方ももう一度ぜひ。

タイトルとURLをコピーしました