スポンサーリンク

夏の終わりは「青空」を撮影してみる【α6400 x ZEISS】

日常

この夏の特別企画「写真を撮ろう、2020年夏」

8月最後は「空」を撮影してみたのと、極めて個人的な近状についてです。

前回:風力発電施設が間近でみれる「宮川公園」へ【α6400 x ZEISS】

前回、三浦半島の先端部にある「宮川公園」へ行き、風力発電所を撮影してきました。夏といえば風力発電だったので、個人的な好みな写真が撮れました。

そして、この夏最後は「青空」です。
正直な所、どこかへ行く時間などがなかったんですが、夏の青空は大好きなので、今までもちょくちょく写真を撮ってきました。

夏空は立体感があって好きなんですよね、
もこもこと広がる雲と真っ青な空がとても好きでよく見上げています。それと鉄塔や山々が合わさることで夏独特な雰囲気が現れるんですよねぇ。

夏の入道雲は本当にたまりません。

雲を眺めているだけで時間があっという間に過ぎていきます。何もせず、涼しい環境でただただ猫と一緒に雲を眺めている人生を送りたいものですねぇ。それと、空の写真はただ単に撮るだけで、他人と被ることのないオリジナルが撮れるのが最高です。

さて、せっかくなので最近購入したカメラレンズ「SONY SEL1670Z」を使用して夏の雲を撮影したお気に入り写真を載せてみたいと思います。

雲の立体感がけっこう表現されていると思います。
万能レンズということでそこまではズーム性能はありませんが、解像度がとてもあるので非常に繊細な写真を撮ることが出来ますねぇ。

ド素人の私でもここまで取れるのは本当に満足。
このレンズはなかなかなお値段しますが、初心者が何も考えずに綺麗な写真が撮れるお勧めなレンズです。

今回で最終回となるこの企画ですが、春夏秋冬でチャレンジしてみたいですねぇ。

次に「個人的な近状」です。
8月は本当に暑さが酷いため、常にグッタリしていました。ただブログの内容も「PS4」や「デジタル」、「カメラ」などとバリエーションを増やしたおかげで常に切り替えつつ楽しむことが出来ました。

つい先日、ブログが表示されない現象があった際に自分自身のブログへの依存度というのも再確認できました。なんだかんだでブログが好きなようです。自分の好きなことだけを取り扱うことが出来る場所というのは本当に大事なんだなぁと感じましたし、これがただの情報提供なサイトになっていたらここまで続けていくことは難しかったと思います。

何よりも自分自身が楽しむことが大事ですね。

これから秋が本格化してきます。
そろそろ人と関わらないような旅行計画を考えてみたいと思います。2020年も既に残りわずかですが、まだまだやれることはあると思うので、色々とこのブログを通じてチャレンジしてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました